入院

医療療養病棟 Medical care ward

医療療養病棟とは

継続的な医療、及び高度看護ケアが必要な患者さんを対象とした病棟です。要医療度が高く、自宅や施設での療養が困難な方が入院対象となります。長期慢性期病棟でも在宅復帰、あるいは施設への退院を目標としたリハビリテーションを提供します。

病棟の特長

退院へ向けての調整
医療療養病棟では、急性期治療終了後、継続的な医療及び看護ケアが必要な患者さんを受け入れています。要医療度が高く、自宅や施設での療養が困難な方が入院対象となりますが、在宅復帰を目指す患者さんの受け入れも行っており、精神的にも身体的にも退院へ向けての調整を行います。
在宅への復帰の支援
長期的に医療が必要な方であっても患者様、家族様と寄り添いながら在宅への復帰や施設等への入所を支援させていただきます。
退院支援
患者さんにとってより日常生活に近づいたケアやリハビリテーションを行い在宅復帰を目指します。安定した在宅生活がおくれるよう訪問診療、訪問看護など社会資源の情報を提供し支援いたします。
積極的な病状説明
医師から治療方針やリハビリテーションの現状など病状に合わせて随時説明を行います。患者さんや家族さんに寄り添い、治療やケアに対する意向を反映し支援いたします。

病棟スタッフ

医療ニーズの高い患者さんや在宅復帰を目指した患者さんなど、ひとりひとりの状況に応じた方向性をみつけ支援いたします。

看護師長田中 陽子

病棟概要

病床数
12病棟:40床療養1(在宅復帰機能強化加算算定)
13病棟:54床療養2
医師数
常勤医師 4名
看護配置基準
20:1
25:1