入院

地域包括ケア病床 Area Comprehensive care ward

地域包括ケア病床とは

高度急性期病院等で治療を受けた患者さんの中には、急性期治療が終わってもまだまだしっかりと治療が必要な患者さんがいらっしゃいます。地域包括ケア病床ではそういった急性期病院からご紹介の患者さん、またご自宅や施設で肺炎や発熱で体調を崩された患者さんをお受入れし、医療、看護、リハビリテーションを積極的に行い在宅復帰を目指す病棟です。
宅復帰をスムーズに行うために、医師、看護師、リハビリスタッフ、在宅復帰支援担当者等が協力して効率的に患者さんのリハビリテーションや在宅支援(相談・準備)を行っていきます。

在宅復帰をスムーズに行うために、医師・看護師・リハビリスタッフ・在宅復帰支援担当者等が協力して、効率的に患者さんのリハビリテーションや在宅支援(相談・準備)を行っていきます。

病棟の特長

Post Acute
地域包括ケア病棟では、急性期病院にて症状が安定したもののすぐに在宅復帰することに不安な方、症状に不安があり集中してリハビリテーションを受けたい方、レスパイトケアやご自宅または施設で急に具合が悪くなった方など、患者さんの疾患を問わず、在宅復帰を目指す方であればどなたでも受け入れを行っています。
地域医療
24時間体制で、在宅や施設入居者さんの状態急変時、すぐに受けいれることができます。また近隣の診療所や施設と連携しており、退院後も継続した治療を受けることができます。
相談しやすい環境
地域包括ケア病床では、専任の社会福祉士を配置し、退院後の在宅療養の支援や社会資源などの情報提供も行います。
多職種連携・チーム医療
入院後は多職種で連携を図り、チーム医療を行います。在宅復帰をスムーズに行えるよう、主治医や看護師を中心に医療スタッフが協力し、効率的かつ積極的に患者さんのリハビリテーションや在宅復帰への支援を行います。

病棟スタッフ

患者さんに寄り添い温かい気持ちでケアを行います。多職種でのチーム医療を実施し、在宅復帰を目指しハード面・ソフト面ともに支援いたします。

看護師長嶋村 晃絵

病棟概要

病床数
9床
医師数
常勤医 8名
看護配置基準
10:1