部門紹介

リハビリテーション部 Rehabilitation Department

リスク管理の必要な急性期(発症直後あるいは手術後)から、生活支援の必要な維持期のリハビリテーションまでをサポートしており、理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)が、365日体制で、患者さんの状態に合わせて最大限必要なリハビリテーションの提供をおこなっています。
包括ケア病床では、各患者さんに必要な基本動作やADL・IADLに的を絞った短時間かつ頻回の介入であるRIDLを実施し、また各病棟と協力しながら膀胱直腸機能リハビリテーションやホームワーク(自主練習指導)にも力を入れて対応しています。

リハビリテーション部の取り組み

1
すべての分野の
リハビリを
実施しています

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が疾患別リハビリにおいてすべての分野のリハビリを実施しています。

いろいろリハ
3
快適な
リハビリテーション空間

リハビリテーション室は大きな窓で明るく開放的な空間になっており、安心してリハビリテーションを受けられます。在宅生活における様々な状況を想定した訓練が可能で、杖や装具はもちろん、低周波・超音波・マイクロ・干渉波など多くの物療機器も備えており、幅広い疾患のリハビリテーションが可能となっております。

3
退院を見据えた調整

必要に応じて入院後早期にご自宅を訪問し、家屋調査を行います。実際の生活環境に即した課題を入院中のリハビリテーションに取り入れ、実用的な能力向上を図ります。また、住宅改修の提案も行うなど、患者さんが安心してご自宅に戻れるように、入院直後から退院を見据えた支援をいたします。

4
多職種協働と退院支援
への取り組み

リハビリテーション効果を最大限に引き出すために、看護・介護の専門職と強力なチームを形成し、全力で在宅復帰へ向け支援いたします。退院にあたってはソーシャルワーカーやケアマネジャーと協力し、社会資源の活用や介護福祉サービスについて情報提供とご提案をいたします。

チーム医療

リハビリテーションとは

リハビリテーションとは、「再び適した状態へ戻すこと」であり、単なる機能回復を目指すのではなく、心身共に障がいをお持ちの全ての方々にとって、その方らしい生活へと回復していただくための手段です。
当院では医師の指導のもと、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が症状に合わせた治療プログラムをご提供しています。

理学療法

理学療法では運動療法・物理療法などを用いて発症早期から積極的に離床を促し、起き上がりや歩行などの基本動作の獲得を目指します。訓練場面では早期装具療法など根拠に基づくリハビリテーションに加え、近年ではロボットスーツを用いた新しいリハビリテーションも導入しています。入院患者さんの早期退院を目指すのはもちろん、生活習慣病予防や転倒予防のための健康教室を地域において開催するなど予防医学の観点からの取り組みも積極的に実施しています。

作業療法

身体または精神・高次脳機能に障がいのある方に対して、食事やトイレなどの日常生活動作能力の改善を目指し、こころとからだのリハビリテーションを行います。ADL(日常生活動作)専用のリハビリテーション室を設け、退院に向けての準備として病棟での日常生活動作に加え掃除・洗濯・調理などを練習します。また、地域活動への参加や就労・就学の準備などの社会参加に必要なサポートを行います。

言語療法

言語聴覚療法では言葉がしゃべりにくい、思ったことが上手く言えない、ご飯を食べるとむせる・喉に詰まるなどの症状を抱える方に対してリハビリテーションを行っています。また、家族との交流を円滑にし、いつまでもおいしい食事が取れるようにサポートしています。

充実したスタッフ配置

理学療法士
11名
作業療法士
3人
言語聴覚士
2人
リハビリ助手
3人
平成28年12月1日現在

主な対象疾患

  • 脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血等)、脊椎・脊髄損傷による麻痺
  • 人工関節、体幹・上下肢の骨折、体幹・上下肢 の外傷、切断・離断(義肢)、関節の変性疾患、関節の炎症性疾患、運動器の悪性腫瘍等の外傷、体幹・上下肢の骨折、切断・離断(義肢)、運動器の悪性腫瘍など
  • 肺炎等の呼吸器疾患

物理療法

  • 電動式間歇牽引器、ホットパック
  • 極超短波治療器、低周波治療器